うつになりやすいタイプとは?【典型的なうつ病の症状】

ウーマン

早めの治療がおすすめ

カウンセリング

医師との相性も大事です

気分の落ち込みや意欲が低下することは誰にも起こり得ることですが、健康な状態であれば短期間で改善できることが多く特に治療を必要とはしません。長期に気分の落ち込みや意欲の低下が続いている疲労感が取れないなどの不調が続いている場合は、うつ病の初期症状である可能性もあります。そうなった時には、医療機関で診察を受けることも考えてみましょう。初期では本人も周囲も気づいていないことも多いですが、放置しているとさらに悪化する可能性もありますので早めの受診がおすすめです。うつ病の診察は心療内科や精神科で提供されています。精神科と心療内科のどちらを選ぶのかでも悩むところです。精神状態によって、イライラや抑うつ、不安感が強いなど心の症状が強く出ている場合は精神科が向いています。胃の痛みや睡眠障害、疲労感や摂食障害などの体の症状が強く出ている場合は心療内科が向いています。迷った時は精神科と心療内科が併設された病院やクリニックを選んでおくと安心です。うつ病は時には長期の治療が必要となることもありますので、まずは通いやすさを重視しましょう。さらに良い改善を得るためには医師との相性もい大事です。医師があまり話を聞いてくれない、高圧的な態度を取るなど相性の良くない医師では医療機関に通うこと自体がストレスになってしまいます。精神科や心療内科で治療を受けることが初めてという人はこうした医療機関に足を運ぶことに抵抗を感じる人も少なくありません。現在ではうつ病などの心の病で悩む人は増えていますが、治療で良い改善を得ている人もまた多いものです。うつ病は特別な病気ではなく誰もがなり得る病気ですので、難しく考えずにまずは気軽に診察を受けることがおすすめです。うつ病の治療は主に医薬品で行われますが、うつ病と一言に言っても様々なタイプがあり、それぞれに合う治療を選ぶことが大切です。気分の落ち込みだけが続く人もあれば、躁状態とうつ状態を繰り返す人もありますし、最近は新型うつと呼ばれる症状の人も増えています。個人では判断するのは難しいものもありますので、医師の診察を受けそれぞれに合う治療方法で回復を目指しましょう。さらに心の病と呼ばれる病気にも様々な種類があり、不安障害やパニック障害もうつと似た症状が出ることもありますので、正しい判断をしてもらうためにもやはり医療機関の受診は必要です。状態が良くないときは気持ちも落ち込んでしまいがちですが、決して治らない病気というわけではありません。正しい治療を行うことで早期の回復も期待できますので、まずは安心して治療を受けられる医療機関を見つけそれぞれに合う改善策を選んでいきましょう。