うつになりやすいタイプとは?【許容限度を超えたストレス】

ウーマン

これだけは抑えておこう

椅子

治療や情報について

うつ病の症状が出たら、治療を受けなければなりません。治療を受ける時に気を付けることとして、3つのことがあります。1つ目は、自分の判断で通院や薬を止めないことです。うつ病の症状は、一気に治るものではありません。徐々に治ってくる段階で調子の良い日が続くこともあります。病気が治ったかどうか判断するのは、あくまでも医師です。通院や薬は医師の指示がある限り、きちんと行いましょう。2つ目は、日常生活に気を付けることです。不規則な生活をしていたり、十分な栄養がとれていなかったりすると、心にストレスが溜まりやすくなります。したがって、適度な運動をしたり睡眠を十分にとったりして、体のリズムを整えてストレスが溜まりにくい生活を心がけましょう。健康的な生活というのは、からだを元気にするだけではなく、心まで健康にしてくれます。3つ目は、一人で悩まないことです。どんな小さな悩みでも、一人で抱えているとそれだけストレスを抱え込みます。また、うつ病の症状は、一人でどうにもできない場合もあります。したがって、うつ病の治療をする際には、一人で立ち向かうのではなく、できるだけ周囲の人にサポートしてもらいましょう。この病気は、誰もが発症する可能性があるものです。したがって、治療を行うことは何ら恥ずかしいことではありません。うつ病は治療を行ったからといって、すぐに治る病気ではありません。そのため、生活をしていくために治療をしながら、社会で働かなければならないケースも多々あります。「うつ病だと知られると信用を落とすのでは」と心配する方もいますが、治療を行いながら働く場合、むしろカミングアウトした方がメリットの大きい場合があります。まず、仕事の内容や量の調節をしてもらえることです。症状が安定している場合でも、今までできていたことができなくなっていることもありますし、あまりにたくさんの仕事をしすぎるとそれが負担となって症状がひどくなることも考えられます。そのため、カミングアウトしていれば、仕事の内容や量を調節してもらえます。次に、治療に行きやすいことです。通院のために会社を休まなければならないこともあります。また、早退の場合も考えられるでしょう。カミングアウトしていれば、あらかじめ通院日の休みをとりやすいです。そして、早退や休みがとりやすいことです。もし、カミングアウトせずに働いていると、症状が急に出た場合に欠勤をするとただずる休みをしたと思われて、社会的な信用を落とすことになります。しかし、うつ病であると理解してもらっていれば、急な休みや早退でも分かってもらえます。