うつになりやすいタイプとは?【典型的なうつ病の症状】

医療
医者

早めの受診がオススメ

うつ病はストレスの蓄積が原因で起こり、不安症状が長期間継続するという特徴があります。心療内科を受診する治療方法があり、悩み相談や高い治療効果を得たい場合に活用するのが良いでしょう。減額制度を利用すれば費用を減らせれるのでオススメです。

ハート

心の健康を守るために

うつ病は職場内のストレスなどがきっかけで発症することが多い病気です。当人と職場が病気に関する知識を身につけたり、症状を見逃さない環境づくりが大事になります。加えて治療の流れを把握しておくことでサポート体制を整えることもできます。

椅子

これだけは抑えておこう

うつ病の症状が出て治療を行う場合、自分の判断で薬や通院を止めたり、一人で悩みを抱えたりしてはいけません。また、日常生活に気を付けることが大切です。さらに、治療を続けながら社会で働く場合には、職場にカミングアウトした方が働きやすいです。

カウンセリング

早めの治療がおすすめ

気分の落ち込みや意欲の低下は誰でも起こることですが、こうした症状が長期に改善しない場合はうつ病の可能性もありますので医療機関の利用も考えてみましょう。治療が提供されている医療機関は精神科や心療内科があげられ治療は主に医薬品で行われています。

うつを知っておこう

男性

職場うつと介護うつ

年々うつ病になられる方は増えていますが、うつ病の原因は未だに分かってないとされています。基本的には許容限度を超えたストレスが発端となり、脳内神経伝達物質の均衡が崩れ、それが影響していると考えられているのです。また、自律神経などの機能低下も関連性が指摘されているほか、脳の代謝の衰退なども無関係ではないと示唆されています。医学的な原因は完全に解明されておりませんが、症例的には生活からくるストレスや遺伝由来など、うつを引き起こす原因は様々です。暮らしにおいて蓄積されるストレス量は、性格でも大きく左右され、とりわけ責任感がある人や、完璧主義の人ほどうつ病に掛かりやすくなっています。完璧性に拘らない人なら、多少の不備も気になりませんが、完璧主義では少しの欠点も認めないため、そのぶんストレスをためやすいのです。ストレスは仕事や職場での人間関係をはじめ、家庭内での家事や家族関係でも蓄積されますから、原因はそこかしこに存在しています。ですからうつ病の症状を自覚した時は、速やかに心療内科や精神科で診察してもらうことが後々のためです。うつ病は些細な原因が積み重なっても進行するため、症状が軽く、余力がある間に対処しておきましょう。数あるうつ病の中には職場うつもあり、これは職場での人間関係をこじらせるほか、仕事を頑張り過ぎることでも発症します。理想が高く、常時仕事に追われているなど、人から依頼されたら断れない方が掛かりやすいのも特徴です。また、社内での地位が向上した場合、そのプレッシャーからうつ病になるパターンもあります。職場うつになりますと、今まで仕事をバリバリこなしてきた人でも仕事が手につかなくなりますから、症状に気付いた時は病院で相談しましょう。そして、近頃では在宅介護が増えたことにより、家庭内での介護うつも増加傾向にあります。介護する側は、時を選ばずに発生する排泄管理など、やるべきことの優先順位が目まぐるしく変わる中で日々対応しなければなりません。そのことによる睡眠不足や、介護特有の重労働も重なり、肉体的にも疲弊しやすくなっています。そのうえ不安や孤独、ひいては罪の意識など、精神的にも介護する側は追い詰められるケースが少なくありません。介護うつになりますと、やるべきことを認識していても、以前のようにやる気が湧かなくなります。それに加え、もしも楽しいという感情が薄れ、趣味にも喜びを感じなくなりましたら典型的なうつ病の症状ですので、心療内科や精神科で診察を受けましょう。